【小さな結婚式の支払いについての疑問を解決】支払い方法は?|いつ幾らぐらい必要?|実際に小さな結婚式で支払った時の流れを紹介

スポンサーリンク

小さな結婚式は少人数専門で費用を抑えているのがポイントですが
申込みの時に予約金とか必要なのかな?幾ら位必要なのか?
支払いにカード使える?結婚式代金ていつ払うの?
小さな結婚式での支払いについての疑問にお答えします。

この記事の内容
  • 予約金、申込金がいるのかな?
  • 支払いのタイミングは挙式の前?当日?
  • 小さな結婚式の支払い方法は色々ある?
  • 小さな結婚式の支払いの流れを実体験を元に解説。
お悩みの方
お悩みの方

小さな結婚式の支払いの事で色々疑問が・・・
予約金とかいる?クレジット使える?

管理人
管理人

支払いって色々な事が気になりますよね。
どのタイミングで幾ら必要かを明確にしましょう
小さな結婚式で見学予約してから挙式当日までの支払いの流れを私の実体験で紹介します。


スポンサーリンク

申込金・予約金っているのかな?


ホテル等の結婚式と披露宴では申し込み時に必ず予約金が発生します。
小さな結婚式でも勿論、申込みご予約金が必要になります。
店頭で無料相談して挙式日を決定したら申し込み予約金を支払います。

  • 申し込み日から5日以内に指定口座に振り込みで支払い
  • 金額は挙式代全額か10万円
  • 挙式プランによって金額が変わる事もある
  • 申込み予約金は振り込んだら返金されない

私は小さな結婚式で家族挙式と会食をして合計金額が約24万円でした。
無料相談に行った日に店頭で私達の希望を元に見積書を作成してくれて、支払いについても詳しく説明してくれました。
申込み後のキャンセル料についてや申し込み予約金は振り込んだら返金されない事まで。
説明がしっかりされるので納得して安心して予約出来ますよ

\相談はいつでも無料!!公式サイトはこちらから/

>>支払いについてもしっかり説明【小さな結婚式】

挙式代や会食代、全費用の支払うタイミングは?

小さな結婚式で申し込み、見積書を元に申込み予約金を振り込み、
挙式の打ち合わせをして、挙式の内容を決定した後
見積りよりも挙式の金額が増える事があります。

例えば、ウェディングドレスやタキシードのランクアップ費用
プラン内のドレスも素敵なんですけど、
挙式代が予算よりも安かったから・試着したら気に入ったからと
ドレスのランクアップをする方が多いそうです。

また私達の様に会食をする場合、料理の内容は担当シェフと試食会で決めます。
他にもブーケ・ブートニアやアルバム代等々
色んな事を決めてから全部の費用が決定します。

では全部の挙式費用を支払うのはいつでしょうか?

  • 挙式日の10日前までに全額支払い

と決まっています。
挙式当日でも後日に支払い、でもありません。
当日は新郎新婦様も多少緊張しますし、スタッフの方は挙式のサポートに忙しいです。
支払いを事前に済ませておけば気持ちもラクですよね。
この支払いについても、申込み日にしっかりと説明してくれますし、
契約書・規約に記載されているので心配不要ですよ。
支払いが済んでるから当日は結婚式を楽しみましょう

\相談はいつでも無料!!公式サイトはこちらから/

>>支払いについてもしっかり説明【小さな結婚式】
頂いた無料の写真です

支払い方法は色々ある?

小さな結婚式の挙式費用は67000円(税込)~挙式出来るので
クレジットカードで払える金額ですよね。
またクレジットカードだとポイントが貯まるしなと思いますよね
でも支払い方法は決まってます。

  • 口座へ振り込みでの全額支払いのみ

店頭での現金支払い、クレジットカード、ローンなどの分割払い、結婚式後の後払い、どれも出来ません。
振り込み支払いなら、いつでも支払えますし金額も支払った履歴も明確に残ります。今はスマホで振り込みも出来ます
面倒な手続きも無いのでお手軽でラクな方法ですよね。

\相談はいつでも無料!!公式サイトはこちらから/

>>支払いはシンプルに振り込みのみ【小さな結婚式】

小さな結婚式の支払いの流れを実体験で解説

お悩みの方
お悩みの方

小さな結婚式で結婚式を挙げたいなと思ってるけど
いつ幾らお金が必要なのか分からないと問い合わせとか見学も行きにくいんだよね

管理人
管理人

そんな新郎新婦様の為に私の実体験を元に、申し込みから挙式当日までの流れをお答えしますよ。

結婚式を挙げようとなった新郎新婦様、しっかりと貯金ができていればいいのですが
ここ数年の不景気と昨年からのコロナ禍でなかなか貯金が難しいもんですよね。
でも家族挙式・少人数挙式ならあまりお金を掛けずに結婚式が挙げられます。
小さな結婚式は挙式代が6万7千円~挙式出来て費用が抑えられるので人気の結婚式場。
私も10万円以下で家族挙式をしようとしてたどり着いたのが小さな結婚式でした。
では小さな結婚式に相談してから挙式当日までの流れを説明します

小さな結婚式の無料相談に行く


私はネットで「家族挙式 10万円 大阪」と検索して小さな結婚式を見つけました。
公式サイトを見て、無料相談に申し込み、予約日時に夫婦でお店へ。
受付の方から相談カウンターに案内されて、まずはマネージャーさんから小さな結婚式についての説明を受けました。
どうして安いのか、どんな挙式なのか、会食もできるのか、そしてお金の事。
特にお金に関してはしっかりと説明してくれました。
私達の予算やキャンセル料について、いつまでに幾ら支払うのかまで。
内容をざっと話した上ですぐに見積書を作ってくれるので全部で幾ら必要なのかがすぐに判ります。
そして説明を聞いて納得した上で、挙式日を決定して予約しました。
しっかりと内容を説明してくれて質問にも答えてくれて、納得してからの挙式申し込みなのでとても安心感がありました。

管理人
管理人

見積書を見て気になる事は質問するのが大事なポイントです

\相談はいつでも無料!!公式サイトはこちらから/

>>支払いについてもしっかり説明【小さな結婚式】
公式サイトより大阪ハービスENT店のエントランス

挙式日を決定


説明をしっかり聞いて納得した上で、いざ挙式日を決定します。

私達夫婦の挙式日の希望
  • 家族での挙式と会食をしたい
  • 働いてるので土日祝日を希望
  • 出来れば大安吉日か友引がいい
  • 仕事の都合で2月3月は不可

私達が来店したのは大阪ハービスENT店
チャペルと会食会場が併設されている便利な店舗でした。
希望通りの挙式と会食が出来る日を予約。
私達は2017年の11月下旬に来店して、挙式日は2018年の4月中旬になりました。
人気の結婚式場なので土日祝日や大安吉日はすぐに埋まってしまうんです。
平日や吉日以外だと比較的挙式が出来るし土日祝日は別料金が発生するので
お急ぎの方や挙式代を抑えたい方は平日を狙うといいですよ。

予約が取れるのが先なのは人気の式場だから!!
逆にいつだって予約出来る所だと人気が無い訳なので
素敵な結婚式が出来るか不安になりますよね

申込み、予約金の支払い


説明を聞いて納得できたなら契約書に署名して正式に申し込みます。
なので、とにかく気になる事は署名する前にしっかりと質問して、すっきり解決しましょう。
申込み日から5日以内に契約書に記載された金額の申込み予約金を指定口座に振り込みます。
店舗側で振り込みの確認が出来たら申し込み成立です。

挙式の準備


申込みが完了したら、挙式当日までに準備が必要です。
申込みをしたら当日までお世話をしてくださる担当の方が決まるので
何か困った事や質問は担当者さんに聞くといいですよ。

挙式準備は
  • ウェディングドレスとタキシードの選択
  • 挙式の内容の決定
  • 会場装飾をどうするか
  • 参列するゲストを決める
  • 写真オプションなどを選択
  • 会食をするなら料理の内容を選択

等があります。
挙式日を決めたら、次の打ち合わせに行くまでに、
新郎新婦様でどんな結婚式にしたいかを話し合っておくと打ち合わせでもスムーズに決められます

私達が挙式後の会食で頂いたお料理

費用金額の決定・支払い


店舗のスタッフの方と打ち合わせて、結婚式の内容やウェディングドレス等を決めて準備がすすんだら、最終的な金額が決まります。
挙式までの最後の打ち合わせの時に最終の明細書を渡してくれます。
結婚式の全部の費用が判るので、申込み予約金を差し引いた残りの金額の支払いです。
これも口座に振り込みで、挙式当日の10日前までが期限です。
10日前ギリギリよりも余裕をもって早めに振り込みましょう。
支払いが済んだら、後は挙式当日を楽しみに待ちましょう

挙式当日


いよいよ待ちに待った結婚式です。
持っていく物は忘れない様に、早めに出発しましょうね。
挙式当日は特に支払いは必要ありません。
特に何かトラブルが起きない限り当日に追加料金が発生する事は無いです。とはいえ、念の為、多少の現金は用意しておくといいですね。
私達は忘れ物もせず、会食で追加注文も無かったので当日の追加料金は一切ありませんでしたよ。

以上が申込から挙式までの流れです

支払いは2回のみ。
申し込み日から5日以内に申込み予約金を払う
挙式日の10日前までに残り全額を払う
シンプルで判りやすい支払いなので安心できますよね

\相談はいつでも無料!!公式サイトはこちらから/

>>支払いはシンプルで安心【小さな結婚式】

小さな結婚式の支払いについて・まとめ

小さな結婚式の挙式代の支払いまとめ
  • 申込み予約金・挙式代全額か10万円が必要
  • 申込み予約金は申し込み日から5日以内に支払う
  • 結婚式の総費用は挙式内容を全部決定してから決まる
  • 総費用の残金は挙式10日前までに支払う
  • 挙式当日の追加料金はほぼ無い
  • 支払い方法は口座に振り込みだけ

以上が小さな結婚式の費用の支払いについての回答でした。
とてもシンプルな支払い方法だし、支払うタイミングも決まっています。
支払いについてって重要な事だけど、ちょっと聞きづらかったりしますよね。
でも事前に判っていると気兼ねする事無く店舗の無料相談やブライダルフェアに行けちゃいます。
新郎新婦様が安心して結婚式を挙げられます様に

\相談はいつでも無料!!公式サイトはこちらから/

タイトルとURLをコピーしました